アラーキー × GEKKOSO

「俺の一番最初の写真集は、スケッチブックにプリントを貼り込んで自分で作った写真集だね。電通時代に作り始めた、手作りの写真集。銀座に月光荘という画材屋があってさ、そこのオヤジと仲良くなって、このスケッチブックにしようってね。B4の大きさで、日にちと、撮ったカメラとレンズも書いてたね。ミノルタSRとかね。俺、やっていることはこの頃からずっと変わらないんだよなぁ。」

—— 荒木経惟

アラーキーこと荒木経惟さんは1940年東京都生まれの写真家です。千葉大学工学部写真印刷工学科写真映画専攻を卒業後、63年から72年まで株式会社電通に勤務。デビュー作《さっちん》(1964)で、第1回太陽賞を受賞しました。

荒木さんが電通を退社してフリーになるまでの64年から71年にかけて、月光荘のスケッチブックに個人的な習作として撮り溜め、自らレイアウトしたスクラップブック全26冊が倉庫から突然発見されました。

1964年『さっちん』で第1回太陽賞を受賞した荒木さんが72年に電通を退社してフリーになるまでの期間、『センチメンタルな旅』以前。天才・アラーキーの生成を紐解く上で欠けていたピース、「青の時代」とも言える貴重な時間の記録が『月光写真』と名付けられ、一冊の写真集となって発売されたのです。

これまでほとんど発表されることのなかった荒木さんの「原点」。そこにはその後の天才の写真人生を彩っていくモチーフの多くが出揃っています。